2016年10月26日『清掃 100万ドル 例会』

通算1502回 例会

平成28年10月26日 10:30~:14:00

例会場 多良岳 金泉寺

%e9%87%91%e6%b3%89%e5%af%ba-2

『太良嶽山金泉寺の由来』

金泉寺は、空海 (弘法大師)が平安時代の初め頃(806~07)行基菩薩の遺跡を訪ね、ここに錫を留め山頂よりやや下った西側の清水のこんこんと湧き出る所に、身の丈四尺余の不動明王と二童子立像を刻んで本尊として建立した寺である。

太良嶽大権現の神宮寺として肥洲の真言宗道場として多くの信徒に崇められて来た。即ち祈祷仏教として名高く「国家安泰、五穀豊穣、航海安全、神仏混交の名刹」として遠近の崇敬の聖地として栄え最盛期には30余の宿坊を数えたと言う。

しかし、1200年余法灯を保っては来たが、その間には有為転変数々の歴史を刻んでいる。 大村郷村記に「太良嶽大権現は、大村家鎮護の宗廟として崇められ神宮寺を「太良嶽山金泉寺」と号した。後に大村純伊(1459~1537)は池田の里の富松宮の傍らに坊舎を建立し富松山仙乗院と号し金泉寺の里坊とした。また太良嶽大権現の分霊を遷し奉り富松社を下宮とした。」とある。

天正2年(1574)キリスト教徒の焼き討ちに遭い金泉寺とともにその被害を蒙った。

太良嶽縁起には次のように記してある。「天正11年(1583)キリシタン教徒の焼き討ちに遭い舜恵法印は本尊を護って岩穴に留まっていたが3年後湯江神津倉に草庵を建て聖躯を安置した。今の別院医王寺である。

その後78年寛文3年(1663)諫早第4代領主茂真の保護を得て、中興の祖と言われる賢海法印によって金泉寺は再建された。領主は30余石の扶持米を供進し、農民の加護と武家の守護を祈願した。 金泉寺室町時代は大村氏が保護し、キリシタン焼き討ち後は諫早家が保護して来たようである。

江戸時代には特に多良岳信仰が盛んになっている。

~出典,2011太良嶽山金泉寺再建委員会編「太良嶽山金泉寺再建のあゆみ」より~

dcim0020web

『社会奉仕活動 境内清掃』

『100万ドル例会』

会長の時間

dsc_0283-2

会長の挨拶(代理 草野惠介副会長)
(金泉寺管理人)池田さん、前田さん、本日は煩悩の塊(かたまり)の諫早西ロータリークラブの皆様を受け入れてもらいましてありがとうございます。境内清掃という中で煩悩を捨て身が清められ精進出来た事を感謝します。ただ山をおりていくとすぐ煩悩が戻る人達ですがお許し下さい。雨男の森さんが参加されて案の定、雨が降りましたが、その中で皆さん一生懸命活動されて、お疲れ様でした。

金泉寺再建卓話

img_6875

金泉寺は弘法大師・空海が創建したと伝えられ、多くの修験者が訪れていた場所です。800年余りに渡り神聖な山として知られてきました。

金泉寺にある千手観音像は市指定有形文化財。大陸系の千手観音像で、高さ137.5cmの木造寄木造(もくぞう・よりきづくり)です。

第7代茂晴公の母堂お糸の方が、元禄16年(1703)千手観音を太良岳金泉寺に奉安されました。お糸の方は大そう信心深い方で、持念仏を求め長崎に入港していた中国船にこれを頼むと翌年、500年も経つという古仏を持ってきました。不思議なことに、お糸の方の背丈と同じで、崇高な御姿であったため、自分の家に置くのはもったいないと金泉寺に奉納され、この寺を菩提寺として崇められました。

中国明朝末~清朝初期の様式をもち、通常の日本の千手観音と違い、頭上に十一面を備えていません。表情は大陸的な雰囲気を見せています。

『100万ドル例会』

img_6866

本日のランチ

img_6878100万ドル豪華幕の内弁当