世界ポリオデー

世界ポリオデー10月24日

世界ポリオデーに向けて : ラシン会長からのメッセージ

10月24日の世界ポリオデーまであと2週間ほどとなりました。ラシン会長もクラブや地区の参加を呼びかけています!会長のメッセージをビデオでご覧ください。

世界ポリオ撲滅推進活動(GPEI)

ロータリーの30年に及ぶ多大な協力に感謝して

WPD:ポリオ撲滅に向けて

ロータリーは今年も、世界ポリオデー(10月24日)に特別イベントを開催します。6回目となる今年のイベントは米国フィラデルフィアで開催されます。

今年はGPEI(世界ポリオ撲滅推進活動)の30周年でもあり、革新的な活動実績を紹介するとともに、GPEI開設から今日までの軌跡にスポットを当てます。1988年の開設当時、毎年35万人もの子どもがポリオに感染していました。その後、世界保健機関(WHO)、UNICEF(国連児童基金)、 米国疾病対策センター、ビル&メリンダ・ゲイツ財団とのパートナーシップ、各国政府との協力、そして最前線で活動する保健員との連携を通じて、ポリオ発症数を大幅に減少させることに成功しています。今年、9月4日時点における野生型ポリオウイルスによる発症件数は、わずか15件のみに留まっています。

イベント会場は、米国最古の専門医療機関の一つで「米国医療の誕生地」としても知られる、The College of Physicians of Philadelphiaです。イベントの様子は、インターネットでライブ中継されます。

イベント中の各種発表は見逃すことができません。最近作成されたポリオ関連動画“Two Drops of Patience”の主人公、Patience Asiimweさんがビデオについて語るほか、もう一つのビデオ“Drop to Zero”も紹介されます。また、Time誌シニア編集者であるジェフリー・クルーガーさんは、ポリオ撲滅活動のためにロータリアンとナイジェリアを訪れたときのことについて話します。

ちなみに世界ポリオデーは、世界最初のポリオワクチンを開発したジョナス・ソーク博士の誕生日にちなみ、10月下旬に設定されています。

ロータリークラブやローターアクトクラブの皆さま、世界ポリオデーにちなみ地元でポリオ撲滅活動を実施される場合は、その活動についてぜひご紹介ください。すでに世界中の多くのクラブによって報告が行われています。

トップページに戻る