MENU

ロータリーへようこそ .

2018-2740 300x300

ロータリーでは、地域のために力を尽くす草の根のリーダー、そして世界のためにがんばるグローバルな市民が集まって、一緒に活動しています。ひとりでも多くの人に参加していただければ、もっとたくさんの「よいこと」が可能となります。世界を変える行動人になります。

詳しくはこちら

ロータリーへの入会.

ハートマーク600x600

ロータリーは、地域社会を基盤により良い世界をめざして活動する仲間たちのコミュニティーです。お近くのクラブに入会し、友情とネットワークを広げながら草の根の社会貢献、国際貢献をしてみませんか。その方に最もふさわしいクラブをご案内させていただきます。

詳しくはこちら

My Rotaryの登録

マーク300x300

可能性を広げる… ロータリーとの協力でもっと多くの「よいこと」を。ロータリー会員またはロータリーに参加したことのある方は、アカント登録することで、My Rotaryでさらに多くの情報やツールをご覧いただけます 。これを機会にMy Rotaryをご登録下さい。

詳しくはこちら

トピックス

比国育英会バギオ基金 ロータリーの友12月号

【バギオ基金とは】

1903年(明治36年)ロータリーが出来る2年前、日本人125名を載せた東洋汽船の香港丸と言う一隻の客船がフィリピン・マニラ港に錨を降ろしたのが始まりです。バギオ山頂に続くベンゲット道路は,大変な難工事で、なかなか進みませんでした。そこで、日本人がまじめで勤勉なのを知り労働者を募集したのです。50メートルに一人、人柱が出来るほどの難工事でしたが無事完成し、残った人達は現地の人と結婚したりしてフィリピンにしっかり根をおろし、各地に豊かな邦人社会を形成しました。延べ2000人の日本人労働者が工事に関係し約700人の人が犠牲になったと言われています。太平洋戦争の時、日本軍はフィリッピンに60万人が上陸しました。生還したのは10万人でした。その最後の激戦地がバギオであった訳です。バギオには日系フィリピン人が大勢いたので、壊滅直前の日本軍は、日本語が出来、日系人である彼等に協力させたのです。日本軍の敗戦後、彼等日系フィリピン人は、日本軍に協力した事で現地住民の迫害を受け、自分が日本人であることをひた隠しに隠し、バギオ山中に逃げ込んで生活をしていました。それをバギオに赴任したシスター海野が知り、自ら山中に分け入り一人一人救出されたのです。救出された日系人も山中に住んでいたのですから、学校はありません。彼等の一番の希望は自分たちの子供を学校に入れ、教育を受けさせる事でした。我々はその育英資金を出しています。

バギオの位置

ベンゲット道路

第二次世界大戦激戦地

 

 

世界ポリオデー10月24日

世界ポリオデーに向けて : ラシン会長からのメッセージ

10月24日の世界ポリオデーまであと2週間ほどとなりました。ラシン会長もクラブや地区の参加を呼びかけています!会長のメッセージをビデオでご覧ください。

世界ポリオ撲滅推進活動(GPEI)

ロータリーの30年に及ぶ多大な協力に感謝して

WPD:ポリオ撲滅に向けて

ロータリーは今年も、世界ポリオデー(10月24日)に特別イベントを開催します。6回目となる今年のイベントは米国フィラデルフィアで開催されます。

今年はGPEI(世界ポリオ撲滅推進活動)の30周年でもあり、革新的な活動実績を紹介するとともに、GPEI開設から今日までの軌跡にスポットを当てます。1988年の開設当時、毎年35万人もの子どもがポリオに感染していました。その後、世界保健機関(WHO)、UNICEF(国連児童基金)、 米国疾病対策センター、ビル&メリンダ・ゲイツ財団とのパートナーシップ、各国政府との協力、そして最前線で活動する保健員との連携を通じて、ポリオ発症数を大幅に減少させることに成功しています。今年、9月4日時点における野生型ポリオウイルスによる発症件数は、わずか15件のみに留まっています。

イベント会場は、米国最古の専門医療機関の一つで「米国医療の誕生地」としても知られる、The College of Physicians of Philadelphiaです。イベントの様子は、インターネットでライブ中継されます。

イベント中の各種発表は見逃すことができません。最近作成されたポリオ関連動画“Two Drops of Patience”の主人公、Patience Asiimweさんがビデオについて語るほか、もう一つのビデオ“Drop to Zero”も紹介されます。また、Time誌シニア編集者であるジェフリー・クルーガーさんは、ポリオ撲滅活動のためにロータリアンとナイジェリアを訪れたときのことについて話します。

ちなみに世界ポリオデーは、世界最初のポリオワクチンを開発したジョナス・ソーク博士の誕生日にちなみ、10月下旬に設定されています。

ロータリークラブやローターアクトクラブの皆さま、世界ポリオデーにちなみ地元でポリオ撲滅活動を実施される場合は、その活動についてぜひご紹介ください。すでに世界中の多くのクラブによって報告が行われています。

2018-19 Theme Address Barry Rassin, RI President

国際ロータリー Rotary Japan 『インスピレーションになろう』

ラシン会長から会員増強メッセージ

諌早西ロータリークラブのホームページにようこそ

ロータリーに国境はありません。諫早西ロータリークラブに入会すれば、世界中のロータリアンと出会い、クラブでの奉仕活動や社会的奉仕プロジェクトのアイデアを交換するなど、グローバルな体験をすることができます。

国際的な活動に参加することで、世界平和と理解の実現を目指す異業種の事業経営者や専門職業人のネットワークの一員となることができます。

新しいビジョン声明

私たちロータリアンは、世界で、地域社会で、そして自分自身の中で、持続可能な良い変化を生むために、人びとが手を取り合って行動する世界を目指しています。

ロータリーの綱領

ロータリーの綱領は、有益な事業の基礎として奉仕の理念を鼓吹し、これを育成し、特に次の各項、育成することにある。
第1  奉仕の機会として知り合いを広めること
第2 事業及び専門職務の道徳的水準を高めることあらゆる有用な業務は尊重されるべき
であるという認識を深めることそしてロータリアン各自が業務を通じ社会に奉仕するたにその業務を品位あらしめること
第3 ロータリアンすべてがその個人生活、事業生活及び社会に常に奉仕の理想を摘要す
ること
第4 奉仕の理想に結ばれた、事業と専門職務に携わる人の世界的親交によって、国際間
の理解と親善と平和を推進すること